自宅まで引き取りや買取りに来てくれる

回収や買取りを拒否されるケースについて

あまりにも不用品の量が少ない、またはあまりにも古すぎて錆びや壊れが酷い場合にももう処分の道しかない為、回収や買取り自体を拒否される事もあります。
近年では、高齢者の孤独死が増えてきており、その部屋を遺品整理や片付けをしようとする場合にも、ケースごとの不用品回収の業者や不用品買取りの業者が呼ばれる事もあり、その中で使用出来る物または価値のある物を選別して引き取りをして貰う事もあります。

特に、高齢者に身寄りが身内がない場合や業者側から拒否された物については全て市や自治体の係員が責任を持ってその部屋にある物を処分する事もあります。
故人が愛用していた物を再度リサイクルをして使用すると言う事自体にまだまだ抵抗のある人々も多い事から物によっては回収や買取りを拒否されます。

拒否された場合にはどうするべきか?

どうしても依頼者が回収や買取りを希望していても業者側の判断で拒否されてしまうと言う事は、前の記事でも紹介したと思います。
では、そのような場合には一体どうすれば良いのでしょうか?
自力で処分をすると言っても、人によってはかなりの量になっているケースもあります。

このような時には、悩まないで市や自治体に相談をして見るのが一番良い選択だと思います。
ケースごとの不用品回収の業者や不用品買取りの業者は何でも引き取ってくれるとは言っても解体専門ではありませんし、その中で利益を生まないといけないので拒否する権利はあるようです。
時間や費用は業者に比べて比較的に安いですが、市や自治体はどうしても時間がかかってしまうので、多少のお金がかかったとしてもすぐに対応してくれる専門の業者にお願いする人が今では増えて来ています。